・iPhoneホーム画面に追加時のアイコン
    <script type="text/javascript" charset="utf-8">
        $.jQTouch({
        icon: 'jqtouch.png',            // ホーム画面アイコン
        addGlossToIcon: true            // アイコン光沢処理
});
※自分の勉強用メモです。誤りがあったらすみません。

とりあえず、慣れるまでは以下と丸暗記して進める。

1. package{ } で囲む。

2. どのクラスが必要かよく分からないので、慣れるまで、以下あたりを無条件でインポートしておく。なお、*が有効なのは、直下の階層まで。

import flash.display.*;
import flash.events.*;

3. ドキュメントクラスは、Spriteをextendsする

4. function内で定義した変数は、他のfunctionからは参照できない。 一階層上のクラス内で定義すれば、他のfunctionから参照できる。

5. クラスのリファレンス
http://livedocs.adobe.com/flash/9.0_jp/ActionScriptLangRefV3/class-summary.html

6. flaファイル名、asファイル名、asファイル内のメインクラス名、メインクラス内のコンストラクタ名は同じにする。FLAファイルのドキュメントクラスに指定。

7. スクリプトのみで、ステージにインスタンス名つけてムービークリップ配置するサンプル

8. クラスを分ける時はpackageの外に出すことが多いっぽい。
以下、雛形。package外のクラスはpublicを付けられない(付けるとエラー)。

package {
import flash.display.*;
import flash.events.*;
    public class Main extends Sprite {
        //変数宣言
        var size:Number;

        public function Main() {

        }
    }
}

import flash.display.Sprite;

class Sub1 extends Sprite {
    private var color:uint = 0xFFFFFF;

    public function Sub1() {
    //
    }
    private function draw():void {
    //
    }
}

import flash.display.Sprite;

class Sub2 extends Sprite {
    private static var speed:Number = 3;

    public function Circle(c:uint, t:Object) {
        //
    }
    public function update():void {
        //
    }
}

9. 今日の勉強の成果

package {
    import flash.text.TextField;
    import flash.display.*;
    import flash.events.*;
    public class FlashTest extends Sprite {

        var speed:Number=30;//変数定義、値は大きければ大きいほど遅くなる

        public function FlashTest() {

            // テキスト表示サンプル
            var textfield=new TextField;
            textfield.text="Hello World!";
            addChild(textfield);

            //円作成サンプル
            graphics.lineStyle(20,0xFFD700,1);
            graphics.drawCircle(200,200,100);

            //塗りつぶした円を追加サンプル
            var radius:uint=50;
            var color:uint=0xFFFF00;
            graphics.beginFill(color);
            graphics.drawCircle(50,50,radius);
            graphics.endFill();

            //ムービークリップ作成サンプル インスタンス名も付ける。
            var myCircle:MovieClip=new DrawCircle1();
            addChild(myCircle);

            //EnterFrameイベント追加サンプル
            myCircle.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,myEnterFrame);

        }
        public function myEnterFrame(event:Event):void {
            var targetMC:MovieClip=MovieClip(event.target);
            targetMC.x+= (stage.mouseX - targetMC.x) / speed;
            targetMC.y+= (stage.mouseY - targetMC.y) / speed;
        }
    }
}

import flash.display.MovieClip;

class DrawCircle1 extends MovieClip {
    public function DrawCircle1() {
        graphics.lineStyle(15, 0xFF0000);
        // 引数1, 引数2を中心とする半径が引数3の円を描く
        graphics.drawCircle(0,0,20);
    }
}






Flashのアクションスクリプトで動体検知を行うコードです。


ウェブカムからの映像に対して動体検知を行います。

Flashで、ウェブカムからの画像にブラー処理をかけるコードです。

Flashで、ウェブカムからの画像にモザイク処理をかけるコードです。

■/etc/syslog.confに定義を記述

例:
*.debug;mail.none /var/log/syslog/syslog.out rotate size 1024k files 2

■syslog.confで指定したディレクトリ、ログファイルを作成(syslogdが勝手に作ってくれるわけではない)

#mkdir /var/log/syslog
#touch /var/log/syslog/syslog.out

■デーモンをリフレッシュ
#refresh -s syslogd
0513-095 サブシステムのリフレッシュの要求は正常に完了しました。
#

■syslogd.confの反映はリフレッシュのみでOKですが、念のため、停止、起動は下記で実施します。

#stopsrc -s syslogd
0513-044 syslogd サブシステムは停止を要求されました。
#

#startsrc -s syslogd
0513-059 syslogd サブシステムは始動しました。サブシステム PID は 131158 です。
#

■稼動確認
#lssrc -g ras
Subsystem         Group            PID          Status
 syslogd          ras              131156       活動状態
#

 

 

AIX6.1のオンラインマニュアルです。(2008/4/2時点では英語)

http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/pseries/v6r1/index.jsp

 

また、以下から「AIX バージョン 6.1」で検索すると、日本語マニュアルのPDFがけっこう見つかります。

http://www.elink.ibmlink.ibm.com/puc/jsp/index.jsp?country=J1&language=JPN

 

 

AIX5.1、AIX5.2のマニュアルは以下にあります。

http://www-06.ibm.com/systems/jp/p/aix/tips/onlinemenu.html

 

AIX5.3や、他のIBM製品いくつかのマニュアルについては、こちらからたどれます。

http://www.amatiny.com/blog/2007/12/ibm.html



落下するたくさんの水滴に連続的に映像を投影することで、立体的な映像を空間中に投影できる技術です。
水という媒体は、テクノロジーの存在をうまく包んでくれるので、パブリックな場の表現装置に向いているかもしれません。

http://www.cyber.t.u-tokyo.ac.jp/~dpa/co-drop.html


ウェブを通じてリアルワールドに出力する作品の紹介です。
Julius Popp氏のBIt.Fall。ウェブから拾ったキーワードが落ちる水滴の形で表現されています。
テクノロジーを情報デザインの表現に結びつけた発想がすごい。